今月のGALLERY 
   月の傾城

今月も傾城ものです やはり全盛期を過ぎた傾城が
わが身を儚むと言う哀れの漂った作品です。
「一中節」と「地唄」の両方あります。